デイトのヨガスタジオは溶岩石の床からの
温もりを感じられる広島初の空間です。

ホットヨガと聞いて”高温多湿の環境で汗をかく”と多くのかたがイメージされるかもしれませんが、
デイトでは一年中高温多湿の環境で大量に汗をかくことがすべての生徒さんに合うスタイルとは考えません。
ヨガの背景にあるアーユルヴェーダでも基本の考え方とされている
ひとりひとり体質や気質が異なる中でそのひとりひとりの個性に基づいたヨガを追求したい、と。
デイトのヨガスタジオには溶岩石のプレートが敷き詰められています。
その溶岩石の床を温めると”育成光線”という遠赤外線が発生します。
育成光線とは太陽光線の中で最も効果的に人間の身体に作用してくれる自然エネルギーです。
寒い冬にはその自然のエネルギーで身体の冷えをとりながらヨガでじんわりと汗をかく。
夏に冷房の冷えから不調が出る時は太陽の光線により近いエネルギーで身体を温めてあげる。
身体が温まって緩めば本当の意味での良い汗がにじんでくるのです。
「不自然に蒸し暑い環境で汗をかいて痩せる」ホットヨガではなく、
より自然に近いマグマの力で身体の本来の生命力治癒力を取り戻すことがデイトの目指しているヨガなのです。

INSTRUCTOR

デイトのインストラクターは先生ではありません。

先生は、ひとりひとりの身体と心。
なぜなら先生はひとりひとりの身体と心だからです。
女性は長い人生の様々な局面で劇的な身体や心の変化を経験します。
それに加えて現代女性の生活は子育て、仕事家族とたくさんの責任を背負っています。
情報が溢れ、何が正しいのか判断しにくい中で生徒の皆さまにはまずは自分の身体と心のケアができ
バランスを保てるようになって頂きたいとデイトは望んでいます。
そのためには、ポーズを真似る受け身のレッスンではなく、
ひとりひとりが自分の身体を観察しながら自分の気持ちのよいポーズを探し、呼吸とポーズを融合する。
自分の身体が言う”YES””NO”を聞き取っていく。
そしてスタジオを後にして日常に戻っても心と身体のバランスを保てるようになる。
そのお手伝いをするのが我々インストラクターです。

Date YOGAの6つのクラス

デイトでは、アーユルヴェーダの考えに基づいて季節やレッスン内容、
インストラクター各々の方法に応じて温度湿度を細やかに調節しながら身体に負担がかからないレッスンを行っています。

呼吸に乗せて流れるようにダイナミックな動きを続けていくスタイルのクラスです。ウォーミングアップとクールダウンを充分に取るために、レッスン時間は他のクラスより10分長い70分となります。連続した動きに身を任せることで、柔軟性だけでなくしなやかな筋肉と引き締まった身体づくりへの効果が期待できます。

老廃物やストレスなど心と身体に不要なものの排出力を高めるクラスです。筋肉をしっかり動かし、ねじりや前屈のポーズで内臓を刺激して血液やリンパの流れを促していきます。余分なものを浄化させていくことで、身体本来の軽やかさを取り戻していきます。

血流やリンパの流れを促進させて女性ホルモンを活性化することで、女性特有の不調の改善が期待できるクラスです。股関節を柔軟にするポーズを多く取り入れ、骨盤の歪みの調整などにも働きかけていきます。溶岩石の「育成光線」効果を活かし、女性が持つ本来の機能を活性化させ、心身の潤いと女性の不調改善を促すことを目指しています。

基本的なポーズを洗練させ理解を深めることで、すべてのレッスンにつながっていくクラスです。肩・腕、脚、体幹、呼吸などクラス毎にテーマを決め、深い呼吸とともに基本的なポーズで適度に身体を動かし、思考や感情が静まることで心身が調和する状態へ導きます。毎回コアワークを取り入れて、自分自身の軸をしっかりと確認していきます。

心身の緊張を手放す開放感を味わうクラスです。 身体をしっかり温めながら、安定感を養うポーズで自分の力を引き出し、しなやかになっていく変化を感じていきます。 緊張と弛緩を味わうことでより深いリラックス効果を得られます。

溶岩石の遠赤外線の中で身体の深いところから、ゆったり緩んでいく感覚を味わうクラスです。座位を中心に、担当するインストラクター毎に、ニードラやセルフマッサージなどを取り入れ、疲れやストレスを緩和することで心の平穏を取り戻していきます。

マンスリーレッスン「KIZUKI」

毎月、インストラクターが交代でレッスンを担当する「KIZUKI」。4月以降のKIZUKIにつきましては、より多くの会員さまに参加していただけるようになるまで、しばらくの間は開催を見送らせていただく予定です。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。