薬膳 テーマ一覧

旬の食材を使った、こころとからだを思いやる、おうち薬膳。 食での養生法が日々の食卓に気軽に取り入れられるように、季節の食材の効能や組み合わせなども学べるレッスンです。
※ 過去受講されたメニューと重複する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。メニューは決まり次第更新いたします。
※ 1月・8月はお休みです。


4月「春の薬膳」
環境の変化が激しい春はうつうつやイライラなどこころが不安定になりやすい季節です。
ストレスのダメージを受けやすい「肝」。
「肝」をサポートする食材、気の巡りが良くなる食材でストレスに負けない身体づくりをめざしましょう。

5月「梅雨の薬膳」
雨の日が続きジメジメとした湿度の高い梅雨は心も体も重だるい時期。
中医学では「湿邪」が原因と考えます。
「湿邪」は消化機能にダメージを与えます。
「湿邪」に負けないように胃腸を元気にしてくれる食材を使った梅雨の薬膳メニューの予定です。

6月「夏の薬膳」
日本の夏は暑いだけでなく湿度も高い"高温多湿”。
汗が出にくくなって熱が体内にこもりがちです。
夏の食材で体の熱をコントロールし、元気に夏を過ごしましょう。

7月「夏バテ予防の薬膳」
梅雨が明けると夏本番。
暑さによって大量に汗をかくと汗と一緒に「気」や「血」が失われるため、疲れやすい、だるい、食欲がない…などの夏バテの症状が…。
体内の余分な熱をとり、気血を補う食材で夏バテを予防しましょう。

9月「秋の薬膳」
空気の乾燥する秋。乾いた空気は潤いを奪い、乾燥によるトラブルが増える季節です。体の中から潤わせてくれる食材をつかってこれからの季節に備えましょう。

10月「体の中から潤す薬膳」
乾燥が気になる秋の季節は、「肺」がダメージを受けやすいといわれています。
肺が乾燥すると鼻づまり、のどの痛み、咳、お肌の乾燥…などのトラブルが…。
潤い作用のある食材で体の中からしっかりと潤わせましょう。

11月「冬の薬膳」
冬の養生は「養腎防寒」。
生命活動と深い関わりのある腎を黒い食材で養い、からだの中から温めてエイジングケアしましょう。

12月「気を補う薬膳」
体内を巡る目には見えない生命エネルギーの「気」。
体を支える重要な働きを持っています。
気を補う旬の食材を取り入れ、「気」をチャージして元気にすごしましょう。

2月「血を補う薬膳」
中医学には「婦人は血をもって本となす」という言葉があります。
これは女性の健康や美しさの基本は「血」にあることを意味します。「血」を補う食材を使った手軽にできるお料理をご紹介します。

3月「デトックス薬膳」
気を巡らし老廃物を体外に出すデトックスの時期。香りの良い食材は気の巡りを助け、春に美味しい山菜などの苦味はデトックス効果が期待できます。旬の食材で冬の間に蓄積した老廃物の排出を促し、新陳代謝を高めましょう。

※ 内容は予告なく変更させていただく場合もございます。予めご了承くださいませ。

LINEで気軽に聞いてみる