金継ぎワークショップについて


漆と自然の素材を使い、壊れてしまった陶器をまた使えるように、それぞれ破損状況をカウンセリングしながら進めていきます。

仕上げの方法は、消粉仕上げ。金、銀、すずからお選びいただけます。

ワークショップは全5回ですが、破損状況によっては、回数が増える場合もあります。
(追加が必要な修復は、1回につき9pt(¥4,500+税)の受講料が必要となります。)
なお、金継ぎWSの注意事項は必ずご一読くださいませ。>>

このワークショップで修復できる作品の破損状況について
(直径25センチ以内の作品)

① ほつれ

器の状態1
薄く欠けているもの
深さが1ミリ以下の欠け

② 欠け

器の状態2
5ミリ以内で欠けた
パーツの無いもの

③ ひび

器の状態3

④ 割れ

器の状態4
割れたもの。パーツあり。

修復できる数の目安

破損状況 修復できる数(目安)
① ほつれ・③ ひび 3点
② 欠けを含む場合 2点
④ 割れを含む場合 1点

金継ぎワークショップの進め方

基本5回で仕上げていきます。

① ほつれ

1日目 調整→かため
2日目 錆漆
3日目 研ぎ→かため(下塗り)
4日目 研ぎ→中塗り
5日目 研ぎ→粉蒔く

② 欠け

1日目 調整→かため→刻苧
2日目 調節→錆
3日目 研ぎ→下塗り
4日目 研ぎ→中塗り
5日目 研ぎ→粉蒔く

③ひび

1日目 調整→かため
2日目 研ぎ→下塗り
3日目 研ぎ→中塗り
4日目 研ぎ→粉蒔く

④ 割れ(破れたもの。パーツあり)

1日目 調整→かため→麦漆
2日目 調整→錆
3日目 研ぎ→下塗り
4日目 研ぎ→中塗り
5日目 研ぎ→粉蒔く

※破損状況が重複する場合は回数が増える場合があります。

器の状態5 (例)④ 割れ+② 欠け
このような修復は、全6回の工程が必要です。

※ 大きく破損し、その破損したパーツがない作品の修復については、ご相談ください。

お申込み方法

  1. 受講をご希望のかたは、まず、修復したいうつわのお写真でカウンセリングを行います。以下からお申し込みください。
    なお、画像でわかりにくい場合は、直接カウンセリングを行うために、一度ご持参をお願いする場合があります。
  2. お送りいただきましたお写真でカウンセリングを行い、カウンセリング結果をメールでお送りいたします。
  3. カウンセリング結果の内容をご確認いただき、正式にお申し込みされるかたへは、会員登録や受講料のお支払い等のお手続についてご案内させていただきます。

お申し込みはこちらから >>

LINEで気軽に聞いてみる