ASK THE Date・・

杉原リョウコ

「空の音」主宰/サトルボディ・スタイリスト
レッスン風景

INTRODUCTION

女性にたいへん人気の高い習い事、ヨガ。インド発祥の伝統的なヨガからボディメイク効果の高い現代的なものまで多くのスタイルがあり、ホットヨガのようにスタジオに特徴を持たせたものも増え、ヨガ人気はますます勢いづいています。広島初のマグマヨガスタジオがあるデイトは、初心者から経験者までさまざまなニーズに対応するクラスを用意。また、常温でのレッスンもあるので目的や好みで選べます。インストラクターには、サトルボディ・スタイリストとして活躍する杉原リョウコさんを迎えてレッスンを開催。そこで、杉原さんにヨガの魅力や、ふだん気づかない心と身体の関わりなどを語ってもらいました。

今の自分を素直に受け入れること。ヨガを通して、その大切さに気づいてほしい。
今の自分を素直に受け入れること。
ヨガを通して、その大切さに気づいてほしい。
ヨガで、心と身体を整える。
身体を柔らかくするのは、心の柔らかさです。

ヨガで、心と身体を整える。

ヨガと聞くとほとんどの人は、身体を柔らかくするとかダイエットのため、と思いがちです。もちろんそれも目的のひとつですが、私がお伝えしたいのは、アサナ(ヨガのポーズ)の練習を通して、自分の内側にある“心の平安”に気づいてほしい、ということです。

では、心の平安とは何でしょう。例えば「どんな状況であれ、今の自分を受け入れること」もそのひとつでしょうか。自分にコンプレックスを抱きがちな人は、周りの誰かと比べて「私はこれができない」とか「私はこんなところが不足している」と、足りていないものばかりを見がちです。自分の中に備わっている大切なものに気づき、自分自身を見つめ直すことが大切です。

そこでヨガのレッスンを通して、自分の内側から出てくる感覚を素直に感じてみる。頭で考える良い悪いではなく、わき起こってくるすべての感覚を受け入れる。「今日はイライラする」とか「元気が出ない」と感じれば、それを「ダメな自分」といつかの自分と比較してジャッジするのではなく、「まあ、いっか、こんな日もある」「これも自分なんだ」とフラットな心で向き合う。自分の内側から出てきた感覚を素直に受け入れ、ありのままの自分を認めると、“心の平安”に気づくのだと思います。

身体を柔らかくするのは、心の柔らかさです。

私はヨガのレッスンのとき、生徒さんたちに「完成したポーズの美しさも大切ですが、それまでの過程も大事にしてください」とお話しします。例えば、「あの人より上手くなりたい」とか「私の身体はかたい」と考える人がいますが、身体を柔らかくするのが最終的な目的ではありません。がんばって無理にかっこよくキメようとしたり、誰よりも上手くなろうとすると、心がこわばってしまい身体にも影響します。

レッスンの中で、ゆっくりと深く呼吸をし、自分の状態を観察し続ける。できる範囲で身体を動かしていく。すると心の力が抜け、不思議なくらい身体は柔らかく伸びていきますよ。

ヨガ
ヨガをしていくと、美しくなる瞬間がある。
結果を求めず、ただ淡々と続ける。
デイトのヨガで、あるがままに生きるお手伝いをしたい。

ヨガをしていくと、美しくなる瞬間がある。

美しく、とはいっても、私だけが感じることかもしれませんが(笑)。すべての生徒さんにいえることですが、その日会った瞬間に「今日はすごくきれいだな」と感じることがあります。数回目のレッスンの人もいれば何ヶ月か経った頃の人もいます。その人の動きを見ていて、身体が特別に柔らかくなったわけではないけれど、手足が伸びやかで美しいのです。内側からほんのり光が発せられる、というか。

それを私は「きれい」と感じるのですが、本人も「調子がいいです!」といわれます。きっと、余分な力が抜けて、その瞬間の自分を受け入れられているので、表情や身体の動きが柔らかくなり美しく見えるのかもしれません。

結果を求めず、ただ淡々と続ける。

ありのままを受け入れること、言葉でいうほど、簡単ではないと思います。そのためにできることは、「淡々と続ける」こと。以前読んだ茶道の本に、「お茶の稽古を淡々と続けているうち、茶室の庭から聞こえてくる雨音が季節によりちがうことに気がついた。梅雨時期は、大粒の雨がパラパラと豆があたるように青葉を打ち、秋雨はしおしおと寂しげに土に染み込んでいく。そのときからお茶を点てる意味や楽しみ方が変わってきた」という話がありました。

ヨガもこれと同じで、はじめは自分の内側からのサインを感じられなくても、心が安らかにならなくても、身体が柔らかくならなくても、ただ淡々と続けることが大切です。私はヨガの師に「結果を出すことだけを求めてはいけません。結果というのは淡々と続けていく中で出るものです」と教えられました。行うこと、そのものが尊いのです。同じ繰り返しの中で、自分にとって気持ちのいい状態、体調や心の変化など見えてくるものは必ずあります。

デイトのヨガで、あるがままに生きるお手伝いをしたい。

私はデイトで出会う人たちに、自分自身をもっと好きになってほしいと思っています。あるがままを受け入れ、自分らしく生きていく。仏教の教えに「身口意一致」という言葉がありますが、思うこと、言うこと、やることを一致させれば、どんなこともうまくいくという意味です。

つまり「こうしたい」と考えることと実際にできた行動が一致すると、人は幸せで自由に自分らしく生きていると感じられるのでしょう。ヨガは、その第一歩です。私たちは、デイトで出会うすべての人が、レッスンを続けることで自分と向き合い、自分に素直に正直に生きる幸せを見つけられることを願っています。

PROFILE
杉原リョウコ

PROFILE

杉原リョウコ
「空の音」主宰/サトルボディ・スタイリスト

長年スタイリストとして「美」にたずさわる中、自身の出産体験から、心とからだの健やかさが真の美しさに繋がることに気づき、ヨガをはじめ様々なボディ&メンタルケアを学ぶ。
「空の音」ではヨガの他に、クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)という「5gタッチ」の繊細なマッサージや顔のゆがみを改善する整顔、ベビーマッサージ等も行う。デイトでは自身の経験を生かした多彩なアプローチにより、女性の心と身体のトータルサポートをめざす。

空の音
広島セッションルーム/広島市中区白島九軒町12-1 亀の家ビル201
尾道セッションルーム/尾道市十四日元町1-8 Bar鶯2F(月に数日オープン)
杉原リョウコ
「空の音」主催
サトルボディ・スタイリスト
杉原リョウコ
陶ギャラリー「10サンジ」主催
陶芸家
若狹祐介・蓮尾寧子
原田美貴
「SHAMROCK」店主
フラワーアーティスト
原田美貴
藤原丈士
「むしやしない」店主
料理家
藤原丈士
ヨガ・ワークショップ一覧