5/25(sat) 箔押しワークショップを開催します

日本の伝統工芸である箔押し技術を用いて、金銀紙を製造・販売をされている、広島市西区にある歴清社。今年で創業114年目を迎える。変色しない実用的な金紙として、寺社仏閣・高級ホテル・美術館など国内外の様々な建造物で使用され、ここ近年では、新素材への箔押し・装飾技術を提案し、新たな試みを続けられています。

今回は、講師に歴清社さんを迎え、その箔押しの技術でオリジナルのパネルを制作します。刷毛で線や絵を描き、その上に、箔を押して作品を仕上げます。洋金(真鍮製の箔)、アルミ箔、錫箔、銅箔など、実際に歴清社さんが製品に使われている箔を使用します。


□ 日時:2019年5月25日(土)10:30〜12:30 >> ご予約
□ ワークショップの内容は、教室ページでご確認くださいませ。>> 箔押し
□ 講師:歴清社
  オフィシャルサイト >>
  INSTAGRAM >>
□ 受講料:11pt(¥5,500+税)
□ 定員:8名【残3名】

※ 金属アレルギーの方はご注意ください。
※ パネルサイズ:約 縦20cm×横20cm×厚さ15mm


【制作手順】

  1. 筆などを使って、接着液で線や絵を描きます。
  2. 接着液を乾かします。
  3. 数種類の箔をご用意していますので、お好みの箔を押していきます。
  4. 箔を払います。
  5. 1〜4までの作業を繰り返して、制作していきます。いろんな箔を重ねることもできます(一種類ずつ丁寧に作業を繰り返します)
  6. 完成