【未開催となりました】金継ぎの仕上げの工程「蒔絵」でつくる陶オーナメント・ブローチ

※ 「蒔絵」でオーナメント・ブローチ制作はお申し込みがありませんでしたので、未開催となりました。

金継ぎワークショップの第6期は3月で終了し、次期(第7期)は2020年5月16日(土)から開始予定。

4月は、金継ぎWS講師 竹原幸枝さんによる金継ぎの仕上げの工程「蒔絵」でオーナメント・ブローチを制作するWSを開催いたします。
陶製のモチーフに色のついた漆(絵漆)で文字や模様を描き、今回は洋金(真鍮)の粉を蒔いてオリジナルの逸品に。

ご用意するモチーフは竹原さんがデザイン。石膏型で形をつくりデイトの陶芸窯で仕上げました。
フレームと鳥のモチーフのオーナメント(サイズ:約6cm)、鳥モチーフのブローチからの中から1つ選んで制作します。(追加制作も可。1つ¥1,000+税)
※ このワークショップは非会員のかたもご参加いただけます。また、ご予約優先ですがお席に空きがある場合は当日のご参加もできます。非会員のかたはメールまたはお電話でお問い合わせくださいませ。

□ 日時:2020年4月4日(土)11:00〜13:00 >> ご予約
□ 日時:2020年4月4日(土)14:00〜16:00 >> ご予約
※ 所要時間は1時間程度。
□ 受講料:3pt(¥1,500+税)※ 非会員のかたは¥1,800+税
□ 定員:各回8名


オーナメントやブローチに色のついた漆(絵漆)で文字や模様を描きます。

洋金(真鍮)の粉を蒔いて仕上げます。



文字や模様を描いてオリジナルの作品に。