Date YOGA BLOG

2021/03/5

幸せってなんだっけ?

昔のCMで「幸せ~ってなんだっけなんだっけ?」
って歌がありましたよね。
時々、頭の中に流れています。

美味しいものを食べた時
好きな人と一緒にいる時など
幸せを感じるシーンはいくつもあります。
できれば常にこのハッピーな状態でいたい。
幸せはこの世の基本的ニーズとも言えるのにどうして見出せないのか?

インテグラル・ヨーガには、こう記されています。

【幸福は麝香鹿のようなものだ。
額の上の一点から麝香の匂いを出している動物。
この鹿は、その匂いを追いかけて走り回る
―それが自分の額から出ていることも知らないで。
幸福はもともと我々の中にあるのだ。
我々は、自分自身の幸福を人や物の上に映し出すのだ。】

ヨガは幸せになることを目指しているのに、
もうすでにあなたの内側にあると説いています。
どんなに心が彷徨っていても、本当の自分は(前回の記事)
とても自然な状態で存在していてすでに平安なのです。
それを忘れているからずっと探し回る。
そして、この探し回る作業も必要で、
実行しなければ何も得られないとも記されています。

思えば私も麝香鹿でした。
隣の芝生が青く見えて、いつの間にか執着に変わり落胆し、虚しくなって。
自分の芝生には歪んだフィルターをかけ、それを見ていました。

ヨガのポーズで言えば、前屈。
膝を曲げたら心地よくなる場合もある。
コブラのポーズも肩を引いたら胸が開いて息ができる!とか。
人のポーズを見るのではなく
自分の中にある快適さを丁寧に探していきます。

渦中にいる時は苦しみを伴うこともありますが
そこで得たものは大きく生きる力になっています。

「幸せ」って、
嬉しい苦しいと同じで、変化していく心の波だと私は思います。
快適さや平安を実感するためのエッセンス。
あのCMみたいに爽やかに、軽やかに味わっていきたいものです。

写真は宮島の鹿です。
ムスクの香りはしません(笑)

えみ

INSTRUCTOR

えみ
LINEで気軽に聞いてみる