太田絵里子 個展「common un common Ver.1.1.0b」を開催いたします


太田絵里子 個展「common un common Ver.1.1.0b」
日時:6月10日(金)〜 6月19日(日)11:00〜20:00(日曜 18:00/最終日 17:00まで)
※期間中の休業日は6/13(月)です。

デイトギャラリースペースで太田絵里子さんの個展「common un common Ver.1.1.0b」を開催いたします。
和紙に岩絵具で描く「日本画」といわれる手法で作品を制作されている太田さん。ただ絵の具の層を重ねるだけでなく、箔を貼ったり、わざと洗い出したり、盛り上げて描いたりして出てくる岩絵具独特の表情におもしろみを感じられているそうです。そんな太田さんの広島では未発表の作品を約20点ご覧いただけます。


Profile
太田絵里子 OOTA Eriko 日本画家

私は和紙に岩絵具で描く「日本画」といわれる手法で作品を制作しています。
ただ絵の具の層を重ねるだけでなく、箔を貼ったり、わざと洗い出したり、盛り上げて描いたりして出てくる岩絵具独特の表情におもしろみを感じています。
モチーフは実在の人物や風景ですが、それらを構成して空想的な画面を作っています。
空想的な画面にすることによって、より身軽で、その人それぞれに楽しんでもらえるような余白のある絵づくりができればと考えています。そして、奇を衒わず自分自身が無理なく表現し続けられる絵画表現を探しています。

この度の展覧会では、自身の持つ絵画表現をカードゲームの希少度になぞらえ、普通の「コモン」から、ややめずらしい「アンコモン」にあてはまる表現を出していこうと試みた作品が並びます。ただ人物を描いただけの作品や、もとの形を変えて表現した風景画、ゲームをテーマにした作品、和紙でなく板に彩色した作品、制作のもとになるスケッチなど、広島では未発表の作品約20点を展示します。難しいことは考えずにただ見て楽しんでもらいたいです。


■略歴
1987年 静岡県生まれ
2015年 広島市立大学大学院博士前期課程 修了
現在 創画会会友 広島県にて制作中

■展示受賞歴
2018年
 「Flag of the West 2018」参加(数奇和/東京)
 「ARTin酒蔵」参加(賀茂泉酒泉館/広島 西条)
 二人展「 Drawing×Framing 」(カフェギャラリーアム/広島)
 グループ展「日本画作品展 LINK-S展」(ギャラリーF/広島)
2019年
 「画廊宮坂35周年記念 過去・現在・未来 3号展170点展」参加(画廊宮坂/東京)
 グループ展「日本画作品展 LINK-S展 vo.2」(ギャラリーF/広島)
2020年
 「画廊宮坂35周年記念 過去・現在・未来 3号展170点展」参加(福屋八丁堀本店/広島)
 二人展「 Drawing×Framing ver1.2beta」(カフェギャラリーアム/広島)
 個展「侵食トラッド」(ギャラリーHANA下北沢/東京)
2021年
 二人展「 Drawing×Framing ver2.0」(ギャラリーカフェアム/広島)
 アーチスト・イン・レジデンス成果発表展「表面と深度–描くこと、考えること–」(浜松市鴨江アートセンター/静岡)
 個展「繪記–えき–」(広島信用金庫ひろしんギャラリー/広島)
2022年
 個展「common un common」(ギャラリーHANA下北沢/東京)

2014年
 第40回春季創画展 入選(同’15、’16、’17、’19、’20、’21)
 第41回創画展 入選 (同’16、’17、’19、’20)
2020年
 広島信用金庫日本画奨励賞 受賞
2022年
 2021年度浜松市鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト・イン・レジデンス賞 受賞

■パブリックコレクション
広島信用金庫

LINEで気軽に聞いてみる