Date YOGA BLOG

2020/08/15

ゆらゆら揺れる

前回は、私とヨガ哲学の解説書との出会いをご紹介しました。(前回の記事はこちらから >>
今回からはその難解な内容を、私のこれまでの経験に置き換えてみて読み解いていきます。そこで、気づいたことや日常に活かしていることを書きますね。

以前、シャバアーサナ(屍のポーズ)をしている時、ご近所からとってもいい匂いが漂ってきて、「美味しそうな匂い!牛肉?鶏肉?う~!いい音!おなかが空いてきた〜。
冷蔵庫にお肉あったかな?買いに行こうかな。」と、ソワソワと落ち着きをなくした経験があります。

この食欲を満たすために、どうするか考え、行動して、叶ったら嬉しくなって満足。
落ち着きを取り戻すこともあれば、食べ過ぎたと罪悪感が生まれたり…。
欲求、喜び、後悔、罪悪感…心はいつも忙しい。

このゆらゆらと波のように揺れ続けている「心」こそが、私たちの苦しみの根源であり、ヨガは、この心の揺れが穏やかに静まることを目指す生き方・在り方を教えてくれています。
【ヨーガとは心を止滅することである】と。

さて、どうやって心を穏やかにさせるのか?
次回に続く…。

えみ

INSTRUCTOR

えみ
LINEで気軽に聞いてみる