金継ぎで、うつわやお皿を直してみませんか?【第7期は2020年6月から】




欠けたり割れたりしたお皿などを、漆と自然の素材を使って修復していく「金継ぎ(きんつぎ)」

いつも使っているお気に入りのマグカップ、思い出のお皿、大切な人から譲りうけたお椀など、少し欠けたまま使っていたり、棚の奥でそのまま眠っていたりしていませんか?
これからもずっと大切に使っていきたいカップやうつわを「自分の手」で直すことのできるワークショップ。割れてしまったからすぐに新しいものに買い換えるのではなく、丁寧にゆっくりと時間をかけて、さらに愛着のお気に入りのモノに直す方法、学んでみませんか?

本漆を使ってペーストをつくり、割れたお皿をくっつけたり、欠けた部分を埋めていきます。最後の仕上げ(消粉仕上げ)は粉おしろいでお化粧をするように、金粉を使って仕上げます。すべて天然の素材を使いますので、安心してお使いいただけます。
※ 仕上げは、金・銀・すずをお選びいただけます。

第7期は6月から開講いたします。ご希望のかたは、お申し込みフォームやLINEなどでお気軽にお問い合わせくださいませ。

【開催日程】
※開催日程から5日間お選びください。すべて10:15から13:15の時間帯です。

  • 2020年 6月20日(土)
  • 2020年 6月24日(水)
  • 2020年 7月1日(水)
  • 2020年 7月11日(土)
  • 2020年 7月18日(土)
  • 2020年 7月23日(木・祝)
  • 2020年 7月29日(水)
  • 2020年 8月3日(月)
  • 2020年 8月8日(土)
  • 2020年 8月17日(月)
  • 2020年 8月22日(土)
  • 2020年 8月26日(水)/li>

講師 竹原幸枝
受講料 ¥30,240(¥28,000+税)(56pt) ※ポイント・現金・カードでお支払い可能。


>> 金継ぎWSページはこちら
>> 詳しい内容・お申し込みはこちらから


5日間の金継ぎワークショップ、欠けた湯のみやお皿を

漆や天然素材を使って埋めたり、

割れたお皿をくっつけたり、

なんども丁寧に塗り重ねては、

サンドペーパーを使って削り、

滑らかな下地をつくります。

最終日、仕上げの日には、弁柄を混ぜた絵漆を丁寧に塗り、

最後は、金粉で仕上げます。(仕上げは、金・銀・すずをお選びいただけます)

欠けたり、割れたりしていた部分がデザインとなり、もっと愛着が湧いてきます。

 

LINEで気軽に聞いてみる